任意整理するとローンは組めなくなるの?

任意整理するとローンは組めなくなるの?

任意整理するとローンは組めなくなるの?

 

任意整理するとローンは組めなくなるの?

借金の苦しみから少しでも早く解放されるには債務整理をして借金を処理するのがベストです。そして借金が数年間にわたって分割して返済をすることが可能な額であれば、借入先の消費者金融と直接交渉してする任意整理の方法で債務整理をすることになります。この方法で債務整理をするとうまく話がまとまれば早期に解決をすることが可能です。

 

任意整理のメリット・デメリット


しかし任意整理をして借金問題を解決することができたのはいいのですが、その後の生活において何か支障が出ないかいろいろ気になるところです。そして任意整理をした後、一定の期間の間、信用情報機関に債務整理をしたということが記載されてしまうので、ローンを組むのに支障が出てきてしまいます。なぜならお金を貸す方も債務整理をした人に対してはどうしても警戒してしまい、なかなかお金を借りることができなくなってしまいます。

しかしずっと信用情報機関に債務整理をした旨が記載されるというわけではなく大体5年前後記載されます。

 

 

 

自分に合った弁護士事務所

そのため5年以上経過すれば、信用情報機関から自分が債務整理をしたという記載が消え、ローンを組むにおいて支障が無くなります。そのため任意整理をしてから一定の期間ローンが組めなくなるだけで、それほど問題になることはありません。

任意整理の費用【無料相談を利用して安く任意整理する方法】