任意整理にかかる期間はどのくらい?

任意整理にかかる期間はどのくらい?

任意整理にかかる期間はどのくらい?

 

 

任意整理はどのくらい期間が必要?

任意整理というのは、債務整理の中でも裁判所介入が不要な点や、準備する必要書類も少数な事から、他の債務整理と比較しても早期に解決し易い借金解決の方法です。
手続きに掛かる期間ですが、弁護士が手続きの依頼を受けてから、債権者との和解合意を得るまでに、少なくとも3ヶ月前後は掛かると見ておいたほうが無難です。

 

任意整理の相談方法


こればかりは交渉する貸金業者の対応次第になるのですが、交渉が長引く場合でも、半年程度を目安に見ておいたほうが良いでしょう。
それでは、次にどのように任意整理を進めていくかの手順を簡単に説明していきたいと思います。
任意整理に弁護士が着手した時点で、まず対象になる債権者に受任通知を送付します。
受任通知を送付する理由として、今後は債務者に成り代わり弁護士が代表で任意整理手続きの指揮を執っていくことを、債権者に通知するために行われます。

 

任意整理の条件


また、任意整理を行う際は過去の取引履歴が必要不可欠になるので、受任通知と共に初めの借金契約からの直近の取引までの明細を送るよう開示請求を送ります。
受任通知を送付してから約1~2ヶ月経過した頃に、債権者から取引履歴が送られてくるので、その資料をベースに弁護士が利息制限法による引き直し計算作業を行います。

 

 

債務整理後について


ここまでに要する期間は、弁護士が任意整理を受任して約2ヶ月程度と踏まえておいて下さい。
そして利息制限法による金利の引き直し計算で減額した借金額が確定したら、その金額に応じて、いよいよ貸金業者との和解交渉がスタートします。
債務者と貸金業者双方が納得のいく和解案が纏まれば、弁護士は債務者の代理をもって債権者と合意し、和解契約をします。
ここまでの段階が無事完了するまでに約4~6ヶ月位になります。
そして遂に債務者は、今後の返済に関する債権者との約束事項を記した和解契約案通りに3年間の借金弁済に踏み切る事になります。

任意整理の費用【無料相談を利用して安く任意整理する方法】