任意整理の費用【無料相談を利用して安く任意整理する方法】

任意整理の費用【無料相談を利用して安く任意整理する方法】

任意整理の費用【無料相談を利用して安く任意整理する方法】

債務整理とは?

借金の返済に困った時、債務整理をする事で借金の減額や利息の引き直し等をする事によって、支払いを楽にしたり借金そのものを無くす方法があります。
債務整理には任意整理や過払い金請求、民事再生、自己破産と4つに分類する事が出来ます。

 

自分に合った債務整理方法を探しましょう


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

⇒【債務整理の無料相談】おすすめの事務所まとめ

 

任意整理とは?

借金を減らす方法として、多くの方が利用するのが任意整理です。
これは裁判所を介さないで債権先と直接交渉して、借金の減額を要請する方法です。

 

任意整理の費用はどれくらい?

  • 債権者1件あたり:4万円~
  • 成功報酬1件あたり:2万円~
  • 減額報酬:減額した分の10%~
  • その他諸費用:着手金・過払い報酬・その他諸費用
  • ※こちらは事務所ごとにかなり差があります。

 

任意整理の費用は安くできる?

初回相談料からきっちりとられてしまうと高くなってしまうことがあるので、まずは無料相談を利用してみるのが良いと思います!
⇒【債務整理の無料相談】おすすめの事務所まとめ

 

【弁護士・司法書士】事務所の選び方

経験や実績が豊富

弁護士・司法書士事務所の業務は多岐にわたります。
企業法務、事件、離婚問題…など様々ですが、借金問題を主に行っている事務所を選びましょう。

経験がある事務所であれば、手続きがスムーズに進みます。
また、実績があると安心して依頼することができます。

 

任意整理+過払い請求とは?

その中でも、過払い金がある場合、任意整理の際にそれまで払い過ぎていた分の利息の引き直しをして、払い過ぎた利息を借金の残高から相殺して金額を減らして貰うことができます。

任意整理のポイント

任意整理のポイントとなるのが過払い金の有無です。
過去において法律の上限を超える利率で返済していた場合、過剰に支払った分は返却してもらう必要があります。
この過払い金による相殺によって、借金が大幅に減額したり、借金が無くなった上に逆に過払い金が戻ってくる可能性があるのです。

 

任意整理の流れ

再計算

任意整理の依頼を受けた法律事務所では、まず過去の取引履歴を債権先から取り寄せて再計算を行います。もし過払い金が発生していれば、結果として借金の減額が容易になるのです。

 

減額交渉

もちろん、過払い金と相殺して借金を減額させて終わりではありません。残った借金の返済を無理のない範囲で返していけるように交渉するのも、任意整理の大切な部分でありメリットです。

 

過払い金の有無に関わらず借金の返済で困っているのであれば、任意整理を検討してみましょう。

 

任意整理の際に借金が戻ってくる?~過払い請求について~

払い過ぎた利息を引き直す方法は過払い金請求と言いますが、債務整理に分類される過払い金請求は支払いが完済してからでも10年以内ならば還付を受ける事が出来ます。

過払い金とは?

利息制限法で定められている上限金利を超えた利息は本来支払う必要がないのですが、貸金業者等は利息制限法違反には罰則がない事を理由に、罰則の存在する出資法の上限金利を利息として適用している場合があるようです。所謂グレーゾーン金利という支払う必要のない金利は、過払い金請求によって返還をして貰う事が出来ます。

 

任意整理は自分で出来る?

任意整理は個人で行うことも不可能ではありません。
ですが、事前の勉強とプロの業者と法律を盾にした交渉を行う必要がありますので、法律事務所に依頼するのが賢明と言えるでしょう。

 

費用について

債務整理をするのにも費用がかかります。
その費用が払えるか?心配している方は多いのではないでしょうか?

 

総合して費用はいくらかかるのか?しっかり調べてみましょう。
HPなどに明記している事務所だと安心ですね。

  • 初期費用¥0
  • 後払い
  • 分割払い

などが可能かどうかも大事なチェックポイントです。

 

相談しやすい
  • 土日・祝日に相談可能?
  • 仕事後(夜)でも相談できる?
  • 電話相談・メール相談可能?

など、条件的な事。

 

また、債務整理は専門家と依頼人の信頼関係がとても大切です。

  • しっかり聞いてくれる
  • 話しやすい
  • 信頼できる

という点も大切です。

こればかりは実際にあってみないとなかなかわからないので、無料相談が出来る事務所にまずは行ってみましょう!

おすすめの弁護士事務所


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

債務整理後の生活について自己破産や債務整理を行うにあたってまず心配なのが、整理した後の生活のこと。まず心配するのは仕事。出来なくなることは、会社の経営や保険会社の営業職員等。普通の会社員なら、どこにもバレることは無いと考えて良い。ただクレジットカードは持てなくなるので、カード会社勤務で全員で新規にカードを作成みたいな場面になった場合は審査は通らないので、自然に会社に分かってしまうと思われる。失業が絡んでいる場合、次の転職先にはクレジット会社は選ばない方がいいだろう銀行口座に関してだが、預貯金が無いと言う証明の為に、全てのお金を下ろして残高を端数だけにすると言う作業もあるので銀行が債権者になっている場合は、新しく口座を開いた方が無難だ。勿論、口座を開くことは出来る。保険契約は、解約返戻金が多いものであれば解約と言う場合もある。医療保険のような、掛け捨てなものであれば「解約返戻金は無し」と言う保険会社の証明書を提出し解約する必要はない。車に関しては、申し立ての時に車を所有していれば、買い取り業者等に査定を依頼し査定額が低ければ、そのまま継続して乗ることが出来る。(査定書類は提出)大概の普通の生活は守られているのだ。申し立てをして、裁判所で認められた後は一切ローンや借金は出来ない。クレジットカードも全部無くなるので、カード払いが多いインターネットの買い物や高速道路で使うETCなどは利用出来ない。少し大きいものを買うにも、その金額が貯まらないと購入出来ない。やはり不便ではあるが、自分の抱えた負債が軽減されたことを考えれば反省の意味でも、現金での生活に慣れた方がいい。昔はみんなそうだったのだから。

くわしい任意整理の解説はこちら

債務整理特集
更新履歴